ホールと比べるとゆったり働くことができるのでぜひオススメしたい”キャッシャ―”のお仕事ですが、あくまでもお仕事である以上、働く側にとって都合のいい面ばかりではありません。
今回は、キャッシャーという仕事が具体的にどのようなものなのか、その内容について少し触れてみたいと思います。

キャッシャ―の仕事内容について

先にも述べたのですが、基本的な仕事内容としてあるのは”お会計をする”仕事です。
しかし、ただレジに突っ立って、伝票を清算さえすればいいのか?と問われますと、答えはNO!なのです。

今回はこのあたりの業務内容について触れていきたいと思うのですが、まず前提条件として覚えておいてほしいのは、このキャッシャーという仕事はお店によって業務内容の幅が少し違います
厳密にいえば、幾つかの任される業務が増える場合があるといった方がいいかもしれませんね。

例えばキャストさんのシフト管理(シフトを組んだりするアレのことです)であったり、キャストさんへ支払いをするための給与計算などもその仕事の中に入っていたりします。
でも、ここまで任される場合には、お店の中で何らかの役職をつけられる場合が多いのではないでしょうか。
昇進すれば、仕事内容が増える。
でも、その分お給料も増えるというのはどこにでもよくあることです。

また、これは昇進云々とは関係ありませんが、お店によってはクローク対応を任される場合もあります。
この場合は、最初と最後に関してお客様をしっかりと接客する必要が出てきますので、気持ちよく楽しんで頂けるよう、また、帰っていただけるよう十分に配慮する必要が出てきます。

それに、場合によってはトラブル対応を任される事も出てくるでしょう。
その点については、事前にしっかりと”こういうこともある”として、頭の片隅においておいた方がいいと思います。

責任のあるキャッシャーの仕事

なんとなく想像はつくと思いますが、基本的にキャッシャーの仕事は数ある仕事の中でも責任の重い仕事です。
その理由は簡単で、伝票清算など売り上げに直結する部分を任されるわけですから、基本的にミスが許されません。

コンビニのレジで数百円間違えてもいいやというような感覚でいると、一回のミスで数十万以上の間違いが出てしまうことだってあり得るのです。

また、このようなミスに関しては基本的にキャッシャーの方が自己責任で支払わされる場合が多いので、ミスだけは絶対にしないようにしたいものですね。
過去、こういった業務の経験などがあると、実に働きやすいかもしれません。

  • 1