隠れた良い仕事「キャッシャー」のすすめ

いまや女性だけでなく、男性にとっても人気のお仕事と言えばナイトワーク。
夜のお店で働くことに憧れや夢を持つ男性も、以前と比べると増えてきているのではないかと思います。

女性にとってキャバクラで働くことが将来なりたい職業にランクインした時代もあり、今では十分すぎる認知度のあるこの業界。
それだけ社会的にも正当性を見出されているお仕事ですから、以前と比べても堂々と働くことができるようになったものだと思えるでしょう。

また、キャバ嬢をモデルにした雑誌が創刊され、人気になるなど、未だにこの業界のムーブメントは続いているとも言えます。
それだけ女性が集まっているということは、お店を運営するためのスタッフも必要になっているということ。
そこでよくやり玉にあがるのが”ボーイ”のお仕事ですね。

キャバで働きたい!と夢をみる男性の多くはまずボーイのバイト求人を目にするのではないかと思います。
また、勢いで応募されることも多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って下さい。
実はもう一つ皆さんにお勧めしたい職種があるんです。
それが今回お話させていただく「キャッシャー」という仕事。
もしかしたらあまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんね。
そこで、今回はこの隠れた良いバイト、キャッシャ―の働き方について詳しくご紹介させていただこうと思います。

キャッシャ―とはどんなお仕事なの?

まずは先にボーイについてご紹介しておきましょう。
ボーイはいわゆるホールのお仕事をする人。
飲食店にいるホールスタッフのようなイメージで想像してもらえれば分かりやすいと思います。

キャストさんをホールでうまく回し、フォローをする。
これがホールの方の主だった仕事内容になります。
逆にキャッシャー自体はメイン業務がお会計の清算になるので、お店によってはまったりした環境で稼ぐことができるでしょう。

ホールと比較してみると、多忙さという面では比較的ゆるい場合が多いので、おすすめです。
ただ、現実的な問題としてはお金の管理をシビアに行わなければなりませんので、ミスをしたりすると痛いしっぺ返しがくることもあります。

例えば、レジの清算金が合わない場合。
これはキャッシャーの人がツケを払うことになるケースが多いでしょう。
ただ、その代わりお給料もそれなりに良い場合が多いですし、あくまでもきっちりと仕事をしさえすれば、良い仕事になるのではないかと思います。

キャッシャー経験者の体験談を聞いてみた

 

キャバクラで働き始めてからしばらく経った頃、キャッシャーになってほしいと言われました。
働いて結構長かったので、キャッシャーの仕事についてはある程度理解していて、お金を扱う仕事だし大変そうだなという印象があったんです。

自分にできるのか不安はありましたが、信頼してもらっているから仕事を頼まれたというわけなので引き受けることに。
実際なってからやはり大変だと感じました。
働いていたお店は有名店だったこともあって売り上げは毎日高額だったんです。

その管理をしなくてはいけないという責任重大な仕事ですから、ミススは許されないような状況で、慣れないうちは毎日緊張しながら仕事をしてました。
それから会計の仕事だけではなく、キャストの給料管理もするようになりました。

キャッシャーの仕事は責任があるからこそやりがいを感じるし、売り上げも毎日確認するので、日によっての傾向もわかるしとても勉強になります。
ボーイの時とはまた違う緊張感の中で働かなくてはいけませんが、お金の扱い方も身について、さらには給料も前よりは上がったので、自分の成長にも繋がったと感じています。

 

キャッシャーとして働くための大切なポイントは?